トップページ 実績紹介 議会だより 最新のコラムリンク集 議員紹介  


議会だより

バックナンバーはこちら バックナンバーはこちら

区立小・中学校全校でICT(情報通信技術)を活用した教育がさらに充実!

新宿の区立小・中・特別支援学校では、夏休み期間中に工事を行い、最新のICT機器に更新されました。全普通教室に最新式の実物投影機や電子黒板機能付プロジェクターが設置されたほか、キーボード付タブレットPC(パソコン)2600台も導入され、児童・生徒が1人1台のタブレットを使用しながら授業を行う事も出来る様になりました。
区は以前より「新宿版教室のICT化」を進めており、平成21年度より3か年計画で、区立小中学校の全普通教室及び特別教室もプロジェクターの設置、実物投影機の導入、黒板のスクリーン兼用ホワイトボード化を行い、ICT教育環境の整備を行いました。

多様な授業を可能にする最新機器

今回区が導入した最新式の実物投影機の特徴は、小型軽量で高画質な事です。容易に移動設置し使用できる事から、児童・生徒の机に投影機を設置すれば、机上のノートを映し出して、それをクラス全員で共有しながら授業を行う事も容易に出来るようになります。
最新式の実物投影機とタブレットPCまた、これまでPCを使用した授業はコンピュータールーム等と呼ばれる専用教室で行われていました。タブレットPCの導入によりこれからは、場所を選ばず使用する事ができます。例えば、体育館に持ち込み、体育実技において児童・生徒同士で撮影し、画像や動画を見ながらグループで改善点の検討をしたり、自分自身の動作を客観的な視覚で見たりでき、実技の上達に役立てる事ができます。また、1人1台使用可能な台数が配備されたことにより、個別状況に対応したデジタル教材(内容をデジタル化した教科書や問題集などの副教材)を使用し、習熟度別学習ができるようになります。



機器を活かしきる体制の整備を

電子黒板機能付きプロジェクタータブレットPCについて公明党は平成27年9月の議会質問で取り上げるなど、導入に向けて取り組んできました。また、ICT教育は機材や環境の整備だけで学習効果を高める事はできず、環境を活かす教員のスキルが重要な事から、本年9月の議会でも、教員に対する最新ICT機器やタブレット端末についての研修を充実する事や、機器の使い方などをサポートする「ICT支援員」を十分に派遣し、教員だけではなく、児童・生徒にも積極的に使い方の指導ができるように体制の整備を要望しました。労支援「若者ワンステップ応援事業」の実施や「無料で使える公衆無線LAN 」の整備、「1支援や若者に焦点実現したのが今回の「しんじゅく若者会議」です。



漱石山房記念館が開館
新宿区は夏目漱石が生まれ育ち、その生涯を閉じた町です。漱石は晩年の9年間を早稲田南町の「漱石山房」と呼ばれた家で過ごし、「こころ」など数々の作品を執筆しました。記念館はその地に建設され、書斎や客間などは再現展示もされています。

漱石山房記念館の外観


【展示】新宿区所蔵の漱石の草稿や書簡、初版本などが展示されています。
【図書室】 漱石作品や関連図書を館内で閲覧できます。(約3000冊)
【ブックカフェ】 漱石作品や関連図書を読みながらオリジナルメニューを楽しめます。
【ミュージアムショップ】 漱石や漱石山房ゆかりのオリジナルグッツを販売

記念館ホームページ【所 在 地】 新宿区早稲田南町7番地
【開館時間】 午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
【休 館 日】
 ○月曜日(休日の時は次の休日でない日) 
 ○年末年始(12月29日〜1月3日)
【観覧料(通常展)】
【一般】 300円  【小学生・中学生】 100円
【団体(20人以上)】 個人の観覧料の半額

記念館ホームページ http://soseki-museum.jp/


新宿区議会公明党は皆様が安心してこの街に暮らし続けられるよう、 区政に全力で取り組んでまいります。
        新宿区議会公明党Tel.03-5273-3552
メールアドレスs-kooumei@shinjukukomei.com