トップページ トピックス 実績紹介 議会だより 最新のコラムリンク集 議員紹介  


トピックス


新たな「サクラ」の観光名所に タカトオ コヒガン ザクラ<高遠小彼岸桜>
<高遠小彼岸桜>
新宿観光案内所は、平成28年12月にオープン以来、窓口への来所者数は24万人を超えています(平成29年11月末まで)。  

観光案内所の近くには、新宿区の友好都市である長野県伊那市より、新宿駅東南口広場の再整備にあわせて、寄贈・植樹された「タカトオコヒガンザクラ」があります。 公明党は、観光案内所周辺のより一層のにぎわいを創出するために、サクラの咲き誇る時期に、イベント開催を提案しました。

区は、イベント開催の調整を進め、友好都市である伊那市の観光PRに加え、新宿の新たなサクラのスポットとして情報を発信する意向を示しました。



民泊関連条例可決 マンション管理規約は見直しましたか?

平成29年6月に「住宅宿泊事業法」が公布され、本年6月15日から民泊が住宅宿泊事業として法制化されます。それに先立ち、本年3月15日より民泊の届出受付が開始するため、新宿区としては、届出開始前に「民泊による区民の生活環境の悪化を防止すること」を目的とした「新宿区住宅宿泊事業の適正な運営の確保に関する条例」を上程。第4回定例会で可決・成立しました。  なお、分譲マンションでの民泊に関するトラブルを防止するには、民泊の届出受付が始まる3月15日までに管理規約で民泊を許容するかどうかを明確化しておくことが必要です。国土交通省では「マンション標準管理規約」を改正し、住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を示しています。まだ見直しを行っていないマンションにお住いの方は、規定例を参考に管理組合で管理規約の改正をご検討してはいかがでしょうか。
詳しくは地元の公明党区議にお問い合わせください